カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

LET-13

LET-13

LET-13

価格:

13,500円 (税込)

購入数:
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

FMSの電動グライダー LET-13です。
LET-13はあまりメジャーではありませんが、実機が存在するスケールグライダーです。
(詳しくはこちら)
カラーデザインの関係上、写真では主翼に下反角がついているように見えますが、実際はわずかに上反角がついており実機のように運動性と安定性を両立させたつくりになっています。
スパン1.5mとやや小型ですが、扱い易いのでエンジン機のフライトの合間の息抜きや、比較的せまい飛行エリアでのフライトなどに最適です。 主翼は二分割式で水平尾翼もネジ止めで脱着できますので元箱に入れて運搬したり、保管することも可能です。 車のトランクに入れておいて、気に入った場所が見つかったら気軽にフライト、、というのもいいかもしれません。
推奨バッテリーはリポ2セル1300mAと容量が大きめなので、長時間フライトすることができます。
素材はEPOですが、固くしっかりかためられていますので長い主翼、胴体ともにかなりの強度があり、少々ラフなランディングや藪へ突っ込んだりしてもまず折れることがありません。
着陸用のタイヤや翼端保護のウイングスキッドがついているので着陸時の損傷を最小限に抑えることができます。
モーター、アンプ、サーボ組み込み済みで製作は容易です。
別途4ch以上の受信機、2セル(7.4V)1300mAのリポバッテリーをご用意下さい。
※塗装色の関係上、直射日光に当たり続けると塗装面下の空気が膨張して塗装が膨らんでしまうので飛行時以外は日光が当たらないよう(塗装面の温度が上がらないよう)カバーをかけるなど配慮して下さい。
現在販売中のロットはアンプにウルトラプラグ(T型プラグ)オスが取り付けられています。
従来ついていたJSTコネクターとは異なっているためご注意下さい。


ひとつの箱で数種類の飛行機の箱を兼用しているため、箱表面には数種類の飛行機の絵があります。
実際に箱に入っている飛行機の絵の下にマジックでチェックマークが入っています。


※※Youtubeに掲載されていた動画です


【 利用開始時のプロポ設定について 】
フタバのプロポをお使いの場合は必ずスロットルチャンネル(3チャンネル)をリバース設定して下さい。
バッテリーをつないでも起動音(プップップッ、ピープー)がせず、プッ、、プッ、、プッという音が鳴り続ける場合は、バッテリーはつないだままでスロットルチャンネルのトリムをロー側にどんどん下げていって起動音が聞こえる位置で止め、その状態でお使い下さい。
上記方法でもモーターが動作しない場合は以下のこちらの方法でアンプのスロットルレンジの設定をして下さい。 またアンプを工場出荷時の設定に戻す場合もこちらをご覧ください。

【 機体データ 】
スパン:1500mm
全長:863mm
機体のみ重量:約580g(付属モーター、アンプ、サーボ含む)
コントロール:4チャンネル、4サーボ(エルロン2、エレベーター1、ラダー1)

【 付属品 】
タイヤ、リンケージ部品、英語説明書(写真が豊富なので英語が読めなくても製作可能です)
アンプ(20A:オートカットあり)、FMS2408 1700KVモーター、4サーボ、2ブレード折ペラ(9*5)
現在販売中のロットはアンプにウルトラプラグ(T型プラグ)オスが取り付けられています。
従来ついていたJSTコネクターとは異なっているためご注意下さい。

※セットに付属の接着剤は中国製の廉価なもので品質が安定していないため付属させないようにしました。このため接着剤代50円を価格から差し引いています。 接着にはスコッチ 強力接着剤 プラスチック用などのプラスチック対応接着材またはエポキシをご利用下さい。

【 ご注意事項(必ずお読み下さい) 】
・機体内部に取り付けられているバッテリー固定用のベルクロテープが長すぎるので適当な位置でカットしたほうがよいです
・水平尾翼を固定するタッピングビスを締めこむ胴体側の穴が小さいので先に1.5mmのドリルで穴を広げておくとビスが締めこみやすいです。このネジはエレベーター用のホーン固定ネジの長いものと同じネジで「elevator」とシールの貼られた袋に入っています。
・付属メカ類、モーターについては組み立て前に動作確認下さい。不良部品があった場合はその部品のみ交換とさせて頂きます。
・機体は硬質ですが発泡スチロール製のため、製造時、梱包によって出来たキズ、凹み、曲がりがある場合がございます。予めご了承下さい。
・手作業による塗装のため、塗りムラがある場合がございます。
・必ず重心位置を合わせてから飛行して下さい。
・付属ユニットはリポ2セルでの仕様となりますので絶対に2セル以上のリポを接続しないで下さい。
・パワーソースの組み合わせを変える場合はかならず計測器などを用いて確認し、性能限界を超えないよう充分ご注意下さい。

※撮影用の仮組みのため、ロッドリンケージはしていません






























ページトップへ