カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

シーラス SR22 EP

シーラス SR22 EP

シーラス SR22 EP

価格:

19,224円 (税込)

購入数:
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

シーラス(CIRRUS) SR22 EPです。
スパン1285mm、全長915mmと大きめの小型電動機です。
胴体とスパッツは曲線のきれいなグラス製塗装仕上げ、主翼、水平尾翼はバルサ製フィルム貼り(MONOCOTE)で、主翼は左右分割式です。
キャノピーラッチが取付済なのでワンタッチでコックピットが取り外すことができ、メンテナンスやバッテリーの交換が容易です。
小型機ながらプラスチックパーツでコックピットが再現されていたり、実機さながらのデカールが付属していたりとスケール感の高いつくりになっています。
パワーユニットの組み合わせによりスピード感のあるフライトもお楽しみ頂けます。
最近の小型機は発泡の機体ばかりでつまらないとお嘆きの貴兄におすすめの逸品です。


Youtubeに掲載されていた同型機の動画
(Great Planes のSR22となっていますが、同じ機体です(製造元が同じです))

(※この動画の機体のパワーユニットは不明です)

【 電動化の場合のメカ組み合わせ例 】
< スピード重視の場合 >
●モーター
FSD FC3536-6T 1270KV
●プロペラ
APC 10x7E
●アンプ 60Aクラス
HiModel 60A ブラシレスESC PROFESSIONAL-60A
Sunrise Model 60A PRO SBEC 6A ブラシレスESC
さらにハイスピード重視の場合、E-MAX GT2820/06 985KV+14.8V 2200mA +APC10x5E +60Aクラスのアンプ
< ノーマルフライトの場合 >
●モーター
FSD FC3530-10T 1380KVまたは
E-MAX GT2820/06 985KV
●プロペラ
APC 10x5E
アンプ 40Aクラス
HiModel 40A ブラシレスESC PROFESSIONAL-40A
Sunrise Model 45A PRO SBEC 6A ブラシレスESC

●バッテリー 11.1V 2200mA〜2600mA
リポバッテリー KYPOM K6 11.1V 2200mA 35C-70C リポバッテリー KYPOM K6 11.1V 2600mA 35C-70C
※リポ搭載スペースが広く、前後にも移動しやすので11.1V 3300mAでも搭載位置の変更だけで重心が取れます
運動性よりもロングフライト重視の方はこのクラスでも搭載可能です

●サーボ(ミニサーボ4個)
トルク2kg前後のミニサーボ
●延長コード(サーボ側コード長が約20cmの場合)
2chエルロンの場合、エルロンサーボ用、受信機側用 10cm×4本
1chエルロンの場合、エルロンサーボ用10cm×4本、Y字コード15cm×1本

【 機体データ 】
スパン:1285mm
全長:915mm
機体のみ重量:約940g(機体、リンケージパーツなど付属アクセサリも含みます)
コントロール:4チャンネル、4サーボ(エルロン2、エレベーター1、ラダー1)

【 付属品 】
ステッカー、リンケージ部品、プラスチックスピナー(白:45mm)、4mmシャフト用コレットが付属します。 プロペラやモーターは付属しません。
※説明書は英語ですが、図や写真が豊富なので理解可能です。
PDF形式の英語説明書がこちらからダウンロードできます


【 ご注意事項 】(必ずお読み下さい)
・モーターはグライダーのようなフロントマウント搭載ですが、機体側のモータ―を固定するビス穴(長穴)の間隔が2対とも19mm幅までしかありません。
FSD FC3530、FC3536モーターは19mm幅一対、25mm幅一対、E-MAX GT2820モーターは2対とも25mmなので機体側の穴を外側に向かって棒ヤスリやリューターで削って拡張して下さい。 FSD FC3530、FC3536モーターを利用する場合、19mmのビス穴でネジ2本だけの固定でもフライト可能ですが、たまに緩みがでていないか確認して下さい。
・モーターを固定する際にシャフトの根元にある抜け止めのEリングが機体側のマウントの穴の内側にあたってモーター回転の抵抗になってしまうので、当たる部分は棒ヤスリやドリルなどで削り拡げて下さい。
E-MAX GT2820モーターはFSDモーターにくらべてEリングが大きいため、そのままではマウントの一部に当たってしまうので機体Eリング当たる部分は穴を削り拡げて加工して下さい。
・地上高を考慮した場合の取付可能な最大プロペラサイズは11インチです。
・プラスチックのコックピットパーツは成型された透明のプラスチック板の上から黒く塗装されたものなのでプラスチックを変形させると塗装が剥がれてしまう場合があります。このためキャノピーにコックピットパーツを入れる時はなるべくプラスチックを変形させないよう慎重に行って下さい。
・付属のシートヒンジについて、瞬間接着剤が浸透しやすいよう表面の糸状の繊維が多いタイプなのですが、これが厚みになってしまい、そのままでは機体側にすでにあけられているシートヒンジ用の穴に挿入しずらくなっています。このためカッターなどで機体側の穴やその上のフィルムの切れ目をもんで少し広げてから挿入し、隙間に低粘度の瞬間接着剤を流し込んで下さい。
このような作業が面倒な場合は当店で販売しているシートヒンジをご利用下さい。
・付属のコレットは4mmシャフト用なのでE-MAX GT2820など5mmシャフトのモーターを利用する場合はモーターに付属のコレットを利用して下さい。
・胴体内部に製造時に入りこんだと思われる木材の削りカスなどがある場合がありますので布などで払い落して下さい。
・主翼エルロンサーボ取付部の深さが約15mmなのでサーボのおしりが主翼裏側にあたってしまう場合はサーボの耳の下に小さく切ったべニア板などを入れてかさ上げして下さい。
・モーターマウント部分の丸いべニア板について胴体に接着されている円周部分の隙間に機首側、裏側の両面から低粘度の瞬間接着剤を流し込んで固定を強化して下さい。













































ページトップへ