カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

F16 (グレー) V2 :全長1100mm EDF64mm

F16 (グレー) V2 :全長1100mm EDF64mm

F16 (グレー) V2 :全長1100mm EDF64mm

価格:

15,984円 (税込)

購入数:
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

FMS(ROC HOBBY)の64mmダクト搭載リポ3セル(11.1V)仕様のF16 (グレー)です。
EDFが12枚ブレードになり、主翼がネジ止めで取り外し可能になったV2バージョンです。
機体はEPO製塗装仕上げでステッカーが貼り付け済みとなっています。アンプ、サーボ、モーターなどメカ取り付け済みですので組み立ては容易です。
燃料タンクやミサイル、パイロットなどが付属しスケール感の高い仕上がりです。
別途4ch以上の受信機、25C以上の3セル2200mA 程度のリポをご用意下さい。
翼下につけるミサイル等の小翼、胴体前部両脇のフィレット部分は構造的に弱い部分のため凹み、割れ、欠けがある場合があります。
ミサイル、燃料タンクをつけるとスケール感は増しますが、フライトにはマイナスの影響になるのでフライト重視の場合は一部だけ装着する、またはすべてつけないことをお勧めします。
付属ESCは40Aタイプですが、当店で満充電の11.1V 2200A 35Cリポで電流値を計測したところ最高で44A程度の電流が流れることが確認されました。
アンプのスペックをオーバーしているのでフルスロットル状態での長時間の飛行やテスト回転などしないようご注意下さい。

【 利用開始時のプロポ設定について 】
フタバのプロポをお使いの場合は必ずスロットルチャンネル(3チャンネル)をリバース設定して下さい。
バッテリーをつないでも起動音(プップップッ、ピープー)がせず、プッ、、プッ、、プッという音が鳴り続ける場合は、バッテリーはつないだままでスロットルチャンネルのトリムをロー側にどんどん下げていって起動音が聞こえる位置で止め、その状態でお使い下さい。
上記方法でもモーターが動作しない場合は以下のこちらの方法でアンプのスロットルレンジの設定をして下さい。 またアンプを工場出荷時の設定に戻す場合もこちらをご覧ください。


【 機体データ 】
スパン:730mm
全長:1100mm
重量:機体のみ約740g(付属のメカ類含む)
コントロール:4チャンネル、5サーボ(エルロン2、エレベーター2、フロントステアリング1)

【 付属品 】
リンケージ部品、英語説明書(写真が豊富なので英語が読めなくても製作可能です)
アンプ(40A:オートカットあり:英語説明書有り)、アウタータイプブラシレスモーター(3900KV)、64mm EDFユニット、ミニサーボ5個
※セットに付属の接着剤は中国製の廉価なもので品質が安定していないため付属させないようにしました。このため接着剤代50円を価格から差し引いています。 接着にはスコッチ 強力接着剤 プラスチック用などのプラスチック対応接着材またはエポキシをご利用下さい。

【 ご注意事項(必ずお読み下さい) 】
・前方のほか、胴体下部や左右脇にEDFの空気吸い込み用のエアインテーク穴がありますが、特に胴体下部の穴は滑走時に地上の草や小石を吸い込んでファン破損の原因になる場合があります。滑走路の状態が悪い場合、離陸地点までは機体を持ち上げて持っていく、草や小石のない部分を滑走するなど異物の吸い込みに十分ご注意下さい。
・付属メカ類、モーター、ダクトユニットについては組み立て前に動作確認下さい。不良部品があった場合はその部品のみ交換とさせて頂きます。
・機体は発泡スチロール製のため、製造時、梱包によって出来たキズ、凹み、折れ、欠け、シール剥がれなどがある場合がございます。飛行に影響ない程度の場合、お客様にて修復頂きますこと予めご了承下さい。
・手作業による塗装のため、塗りムラがある場合がございます。
・接着面に塗料がある場合、セロテープなどをいったん貼り付けて塗料を剥がしてから接着剤を塗って貼り付けてください。塗装の上から接着すると塗料と一緒に剥がれてしまう場合がります。
・付属ユニットはリポ3セルまでの使用となりますので絶対に4セル以上のリポを接続しないで下さい。
・ダクトユニットは最初からフルパワーにせず、初めて使用する際は回転の安定性を見ながら徐々にスロットルを上げていって下さい。振動、異音などが出た場合はすぐに停止して、ローターのセンター位置の確認、バランス取りなどをして下さい。
・ダクテットファンユニットは使い方によって思わぬ大電流が流れたりしてモーター、アンプ、リポが損傷を受ける場合が往々にしてあります。パワーソースの組み合わせを変える場合はかならず計測器などを用いて確認し、性能限界を超えないよう充分ご注意下さい。
・取り付け済のサーボがきちんと接着されているか、リンケージ類、コード類に緩みやはずれがないかを充分確認して下さい。



























ページトップへ