カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

MAT TECH NX3 V1.0 フライトコントローラー(3軸ジャイロ) /19A14A

MAT TECH NX3 V1.0 フライトコントローラー(3軸ジャイロ)

MAT TECH NX3 V1.0 フライトコントローラー(3軸ジャイロ) /19A14A

価格:

2,835円 (税込)

購入数:
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

MAT TECH NX3 V1.0 フライトコントローラー(3軸ジャイロ)です。
エルロン、エレベーター、ラダーの3舵すべてをコントロールしてくれるため、安定した水平飛行はもちろんのこと、ヘッドロックモードではそのままの姿勢を維持するのでナイフエッジやホバリングを簡単に決めることができます。(スロットルは操縦者がコントロールして下さい)
2chエルロンに対応しているのでエルロンに対する様々なミキシング、片側ずつの設定なども従来通りプロポから行えます。
本体にある3つのボリュームコントロールによりエルロン、エレベーター、ラダーそれぞれ別々に感度設定が可能です。またこのボリュームはジャイロの動作方向変更(リバース設定)機能も兼ねています。
ノーマルタイプ、無尾翼タイプ、Vテールタイプの3種類の機体に対応しています。
大きな振動に弱いので基本的に本製品は振動の少ない電動飛行機用になります。
当店で作成した日本語説明書が付属しますので必ずご一読頂き、初期設定を行って下さい。
利用できるサーボ、受信機のメーカーは問いませんが、ハイスピードモード受信機には対応していませんので、ハイスピードモードのある受信機(FrSky TFR8、TFR8S、型番にHがつくフタバ受信機など)ではノーマルモードにしてご利用下さい。
エンジン機は振動が大きいため利用はおすすめできません。

ジャイロの動作可能電圧は実電圧で5.0〜6.0Vまでとなりますので実電圧が6.0V以上になる6.0Vニッカド、ニッケル水素バッテリー、6.6VLiFeバッテリー、乾電池は利用できません。アンプからのBEC電源は通常5V程度なので利用可能です。


【 スペック 】
動作電圧:5.0〜6.0V DC
サイズ:40mm x 25mm x 13mm. 本体重量:6.8g(付属コード類を含むと15.3g).
1. 4つのモデルタイプをサポート:
1チャンネルエルロン機、2チャンネルエルロン(デュアルエルロン/フラッペロン)機、デルタ翼(エレボン/全翼)機、 Vテール機
2. 3つのフライトモード:
a. レイト(安定)モード: ジャイロは安定飛行のために修正舵を自動で入れます
b. ホールドモード: 現在の飛行姿勢を保持し続けるために修正舵を自動で入れます
c. ジャイロOFFモード: ジャイロOFFで修正舵は入りません
3. 二通りのゲイン(感度)調整機能: コントローラー本体にある各軸ごとのゲイン調整、プロポからのマスターゲイン調整
4. これらのゲイン調整機能により、簡単またはより精密に好みの感度に調整ができます
※プロポからのマスターゲインコントロールはモード切替チャンネルのエンドポイントを変更することで調整しますが、フライト中にエンドポイントを変更することは難しいので、実際は地上での調整になります。

【 付属品 】
・NX3 フライトコントローラー本体  2. NX3マニュアル   3. サーボコードセット   4. 両面テープ
・当店作成の日本語説明書


【 ご注意(必ずお読み下さい) 】
・電源投入直後、ジャイロの起動が完了(各サーボがピクッと動く)するまで機体を動かさないで下さい。ジャイロの起動前にジャイロが動いてしまうとモード切替えができなくなるなど正常動作しなくなりますので、その場合、いったん電源を切って(バッテリーを外して)電源の再投入をして下さい。
・コントローラーに受信機からのニュートラル(中立)信号を記憶させるため、最初に飛行機に搭載する場合、プロポや受信機を変更した場合、トリムやサブトリムを変更した場合は必ずジャイロのキャリブレーションを行って下さい。またホールドモード時にサーボが一方向に勝手に動き出す場合もキャリブレーションを行って下さい。プロポのモード切替スイッチをノーマルモードからホールドモードまで素早く(1秒以内)3往復させるとキャリブレーションが行われます。
・ヘリ、マルチコプターにはご利用頂けません。
・ジャイロの初期設定やキャリブレーション時は受信機やサーボをすべて正しく接続した状態で行って下さい。
・飛行前に機体を持ち上げて姿勢を変化させ、ジャイロが正しく動作しているかを確認して下さい。
・突然の故障などによりジャイロが効かなくなる場合もありますので飛行中は必ず機体を注視し、プロポから手を離さないで下さい。
・必ずしも常に水平飛行、同じ姿勢を維持できるわけではなく、風やスロットル操作、機体の形状の影響を受けて姿勢が崩れる場合がありますのでジャイロ動作中でも必要に応じて修正舵をうって下さい。
・Vテール、無尾翼モード時はジャイロ側でミキシングを行いますのでプロポ側での飛行機タイプに関するすべてのミキシング設定はOFFにして下さい。2チャンネルエルロンにする場合はプロポ側でフラッペロン設定をONにしてください。
・プロポや受信機を変更した場合、トリムやエンドポイントを変更した場合は再度キャリブレーションを行って下さい。