カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

ジャイロ搭載 Mini EDGE 540 /

ジャイロ搭載 Mini EDGE 540

ジャイロ搭載 Mini EDGE 540 /

価格:

15,290円 (税込)

購入数:
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

EPO製の400クラスサイズ Mini EDGE 540です。
従来のミニシリーズより軽量に出来ているため、リポ2セルながらもパワフルでスピード感のあるフライトが可能になりました。
コックピット部分をワンタッチではずすことができ、バッテリーの出し入れも簡単です。粘りのあるEPO製なので衝撃にも強いです。 

水平飛行モード、ホールドモードを備えたジャイロ搭載で初心者でも飛ばしやすく、風にも強い安定したフライトを楽しむことができます。
ジャイロは機体に同梱されているので、下部掲載の搭載例の画像、または付属する写真をご確認の上、搭載してください。
動作方向、感度設定などもメーカーで調整済のため受信機と接続するだけの簡単設定です。S.BUSにも対応しているためS.BUS対応受信機ならジャイロとの接続はコード1本で済みます。
水平飛行モードはスティックをニュートラルにするとどんな姿勢からでも機体を水平に戻します。舵を打っていないとすぐに水平にもどってしまうので旋回中は舵を打ち続ける必要があります。 また一定角度以上は上下左右にバンクしないため姿勢を崩して急降下するような墜落を極力防ぐことができますが、ロールや宙返りなどの大きく姿勢が変化するフライトはできません。
ホールドモードは機体の姿勢を維持し続ける機能なので、機体を傾ければ傾いたままの姿勢を維持しようとします。このため水平に戻すためには再度舵をうつ必要があります。高翼機特有の高い復元性はなくなりますので常に機体の姿勢を確認して下さい。どちらのモードでも横風などの外力による機体の姿勢変化を抑えるためフライトが非常に安定します。
ジャイロが不要な場合はアンプ、各サーボを受信機へ直接接続して下さい。
この機体に搭載されているジャイロはFMS Reflex V2タイプですが、V1タイプと同じくジャイロ設定(感度、舵動作方向)を自由に変更することはできないため他の機体への使い回しは難しいです。V2タイプではFMSの他の機体に搭載するため、専用ソフトをダウンロードしてパソコンと接続し、モデル設定を変更する機能が追加されましたが、この機能の操作方法についてはサポート対象外ですので自己責任で実施して下さい。(専用ソフトでも個別に感度や舵動作方向を変更することはできません)
モーター、アンプ、サーボ搭載済なので4チャンネル以上の受信機、2セル(7.4V)1300mA程度のリポバッテリーを別途ご用意下さい。

アンプのコネクターがXT30(オス)になっています。
ウルトラプラグがついたバッテリーをご利用の場合は、アンプ側をウルトラプラグ(オス)に付け替えてください。アンプを変更しない場合はバッテリー側にXT30Uコネクター (メス) をはんだ付けし取り付けください。


【飛行動画(Youtube)】


【 利用開始時のプロポ設定について 】
フタバのプロポをお使いの場合は必ずスロットルチャンネル(3チャンネル)をリバース設定して下さい。
また受信機にFrSkyのTFRシリーズをご利用になる場合はプロポのシステム設定を「MULTI」(マルチ)モード設定にしてご利用下さい。7CHモードの場合は一部のサーボが動作しないなどの不具合が発生する場合があります。
S.SUB接続の場合、受信機側のS.BUSポートに接続してもジャイロが正常動作しない場合はS.BUS2ポートに接続してお試し下さい。
付属のESCはこの機体専用にセッティングされたESCのためスロットルレンジ設定以外の設定変更はできません。
スロットルレンジとはプロポのスロットルスティックの再スロー位置とフルハイ位置の範囲のことです。これを設定することによりスローからフルハイまでモーターがリニアに反応するようになります。
スロットルレンジはデフォルトで一般的な範囲が設定されていますが、変更することも可能です。一度変更した設定値はESCに記憶されますので電源を落としても再設定する必要はありません。

< ESCの起動(通常フライト時) >
1,スロットルスティックを再スローにしてプロポの電源を入れる
※フタバ製プロポの場合は予めスロットルチャンネル(3ch)をリバース(REV)設定に して下さい。
2,バッテリーをESCにつなぐと以下の起動音がモーターから聞こえます。
 「テレレ・プー・ピー」
起動音が鳴り終わるまではスロットルスティックを動かさないでください。誤ってスロットルスティックを動かしてしまうとスロットルレンジの設定モードに入ってしまう場合があるため、いったんバッテリーを外して再度つなぎ直して下さい。誤ったスロットルレンジを設定してしまった場合はスロットルレンジを正しく設定し直して下さい。

< スロットルレンジの設定 >
1,スロットルスティックをフルハイにしてプロポの電源を入れる
※フタバ製プロポの場合は予めスロットルチャンネル(3ch)をリバース(REV)設定にして下さい。
2,設定モードに入ったことを知らせる以下の音がモーターから聞こえます。
「テレレ・プー・ピッ、ピッ・テレレレ、テレレレ、テレレレ」
3、上記の音が聞こえたら4秒以内にスロットルスティックを再スロー位置まで動かします。スティックを動かし始めると以下の音がモーターから聞こえます。
「テテッ、テテッ、テテッ、テテッ、テテッ、テテッ、テテッ、テテッ、テテッ、テテッ」
4,スティックを再スロー位置のままにすると以下の完了音が聞こえます。
「テレルラ、テレルラ、テレルラ ・ ピー」
上記の音が鳴り終わったら、スロットルレンジの設定が完了です。以降はスティックを上げるとモーターが回り始めますのでご注意下さい。


【 機体データ 】
スパン:750mm
全長:702mm
重量:約330g (機体、付属パーツのみ)
コントロール:4チャンネル、4サーボ(エルロン2、エレベーター1、ラダー1)

【 付属品 】
英語説明書(図解が豊富なのでわかりやすいです)
ブラシレスモーター(2212 KV2250)、アンプ(20A)、マイクロサーボ、エルロン用Y字コード(装着済み)

【 ご注意事項(必ずお読み下さい 】
・軽量化と反応速度向上のため、ハイスピードのデジタルマイクロサーボが搭載されていますので動作時にピーッというデジタルサーボ特有の高周波音がでます。またサーボをゆっくり動作させると振動するような動きをしますが、フライトには問題ありません。
・付属メカ類、モーターについては組み立て前に動作確認下さい。不良部品があった場合はその部品のみ交換とさせて頂きます。
・製造時や輸送時の衝撃などで一部凹みや塗装がはがれている場合がございます。予めご了承下さい。
・手作業による塗装のため、塗りムラがある場合がございます。
・付属ユニットはリポ2セルでの仕様となりますので絶対に2セル以上のリポを接続しないで下さい。
・スピナーがEPO製でへこみやすいです。スピナーは台座部分に接着されているので交換する場合はカッターの刃を間に入れて切り離して下さい。
・取り付け済のサーボがきちんと接着されているか、リンケージ類、コード類に緩みやはずれがないかを充分確認して下さい。











※胴体したの白い台は、撮影のために使用したものなので付属しません。



























ページトップへ