カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

「ナベさんの気ままなラジコン日記」(449)〜デカスロンの製作◆繊2018/06/22)

ナベさんのプロフィール

(過去の日記はこちら)


え〜いよいよ今週から実際にデカスロンを製作していく訳ですが・・・。
デカイ!
とにかくデカイ!

このような大型機の製作の秘訣といたしましては・・・。
『まずはとにかく部屋を掃除すること!』
これに尽きます!(笑)

めったにやらない部屋の掃除をして、工作スペースを作ってから製作に取り掛かりましょう!



まずはゴソゴソと・・・キットの箱の中から主翼を取り出してきました。
これから主翼にエルロンを取り付けて、エルロンのリンケージを進める訳ですが、構造的には小型機や中型機と変わりません。
ただ、主翼や取り扱うパーツが大きいだけです。

工作台の上もきれいに掃除しておきます。



エルロンヒンジですが、これがエルロンを差し込んでしまうと見えなくなってしまいます。
そこで、前もってヒンジの位置にペンで印をしておきます。



ヒンジを半分挿入したら、瞬間接着剤で接着します。
『接着の順番はエルロンの方か、それとも主翼の方か? 』とよく聞かれるのですが、強いて言うならば『硬いほうから』。

だって、その方が後々楽ですから! (笑)



エルロンを主翼に差し込みます。
当然のことながらヒンジの位置が隠れてしまいます。

前もってペンで印をしておいたので瞬間接着剤を垂らす位置が分かります。



ヒンジを取り付け終わったら、アルコールを湿したティッシュペーパーでペンの跡をふき取ります。

なにしろ大型機ですので、ここまでやるだけで大きな主翼を入れ替わり立ち代り出したり引っ込めたりと作業が大変です。



次はエルロンサーボの取付場所を探します。
これが外側からはよく見えないので、見つけたらペンで印をしてからハンダゴデを使って表面のフィルムを溶かします。



こんな感じでエルロンサーボベットが見えてきました。
『TPSY』ですか・・・メーカー独自のロゴが気になります。



次はホーンです。

ん〜なんだろ?!
デュアルホーンだというのは分かりますし、エルロン、ラダー、エレベーターの3種類だということも分かりますが・・・。

なんかおかしい???
動翼の厚さからいっても エルロン>エレベーター>ラダーの順だし・・・。

ホーンの足の長さは3種類だとしたら、写真左上の中間のホーンの足が長過ぎません?



『まるでパズルやな?』と思いながら実際にラダーにホーンを差し込んでみると・・・。
あらあら、反対側に貫通してしまいます。

こりゃホーンをカットするしかなさそうです。
このようなことは組立て説明書にはいっさい書いてありません(笑)
まるでパズルを解くようにユーザーが判断するしかありません。
実際に組み立てる時間よりも、このように考える時間が多いですね。

ボケ防止対策になって良いのかも!^^;



エルロンホーンの取り付け位置を見つけたらペンで印をします。
『この位置も正しいのかどうか・・・』と、半信半疑になりながらも、きれいに溝が彫ってあるので、それを信じて製作を進めます。



エルロンホーンを取り付ける位置のフィルムをハンダゴテを使って溶かします。
『いいんだろうなぁ? ここでいいんだろうなぁ?』
と一抹の不安を抱えて製作は進みます。



ガーン!
ここでお約束のトラブル発生。
エルロンサーボホーンの間隔とエルロンにカットされているスリットの間隔が合いません。
エルロン材のスリットを切り直すか、それともホーンの蓋を加工するか・・・。
ここで二者択一を迫られます。

硬い頭をフル回転させて・・・。
ボールリングを取り付けた場合のホーンの幅を測ってみたところ思っていたよりも幅は狭かったので、ホーンの蓋を加工する方を選択しました。

なんだかラジコン飛行機の製作って、認知症予防に良いのかも!



ホーンの部材はカーボンで出来ていますから接着面をサンドペーパーで荒らします。表面に剥離剤が残っていますと、そのままエポキシ系接着剤を使って接着すると、あっけなく剥がれてしまいます。



ホーンの方もサンディングします。
サンディングの必要の無い部分はマスキングテープなどで養生します。



こんな感じに表面を荒らすことができました。
いいかも!



接着面のフィルムも剥がします。

なにしろ大型機ですから振動がすごいと思います。
やれることはやっておかないとね!



エポキシ系接着剤を使って接着してみました。

当然のことながらホーンの蓋の部分に隙間が出てしまいました。
『主翼下面だからいいっかぁ! 』と、自分に言い聞かせています(笑)。



次はロッドです。
ターンバックル構造になっているのでパーツとしては理想的なのですが、ロッドが回りません。
指の皮が剝けるほど回しても回りません(笑)。
アジャスターの内側を削って調整できるようにしないといけませんね。

どちらかがエルロンロッドでどちらかがエレベーターロッドです。
ラダーはワイヤーリンケージですから・・・。
当然のことながら組立説明書を見ても説明はありません。

という訳で、このデカスロン、認知症予防には最適のキットです。
完成が楽しみです。



それではまた来週! (^o^)/~~




ご意見や励ましのお便りは、この下記の文章をクリックしていただくと入力できます。メールアドレスの記入をお忘れのないようお願いします。


ご感想送信フォームはこちらをクリックして下さい。


「ナベさんの気ままなラジコン日記」(443)〜作りかけのスーパーチップマンクの製作ァ繊2018/05/11)

ナベさんのプロフィール

(過去の日記はこちら)


今週は受信機の電源について考えてみたいと思います。

昔はニッカド電池の使用が当たり前で「これしかない!」という状況でしたが、地球環境への配慮からか、次第にニッカド電池の販売が減少し、今ではリポやリフェが全盛の時代になってきています。
私は古い人間ですから昔の物を長く大切に使っていくたちなので、未だにニッカド電池を使用していたのですが、流石にバッテリーが劣化してきたのか何度プログラム充放電を繰り返しても電圧降下が認められるようになってきました。

そこで、大切な飛行機をノーコンで墜落させる前に、受信機用の電源を見直すことにしました。



さて、ニッカド電池に代わる電源として
。殴札襯螢(7.4V)+レギュレーターという組み合わせと
■殴札襯螢侫(6.6V)
という選択肢があります。

どちらも一長一短があるのですが・・・。
 例えば,両豺腓魯螢櫃僚偲転態がどうであれ、レギュレーターを通すと5V又は6Vなど、ぴったりと定格電圧を出してくれます。
しかし、リポはフライト終了後に放電しなければなりませんし、レギュレーターの容量も気にしなければなりません。容量を気にするとどんなことかと言いますと、例えばレギュレーターの容量には5A、8A、10Aなどいろいろあります。購入当初の頃は良く気にかけていますが、年月が経ち、サーボをデジタルサーボに交換したり、サーボの数を増やしたり、他に付加装置を増設した時にレギュレーターの容量をオーバーしないかと気にかけなければいけない事を忘れてしまいがちです。特に私の場合は・・・。
 次に△離螢侫Ь豺腓魯侫薀ぅ判了後に放電する必要がありません。ほぼメンテナンスフリーですから私のようなズボラな人間にはうってつけです。また、故障やトラブルのことを考えると『電子回路は余計な付加か装置は付けずシンプルなのが一番いい!』ということになります。
ただ、リフェの場合にも短所があって6.6Vの電圧(もちろん充電状況によって変動します。)を掛けるとごく稀にサーボがガチャ付いたり、燃える(熱を持つ?)場合があると聞きます。私はそのような場面に遭遇したことはありませんが・・・。
ただ、リンケージや舵角調整、ミキシング調整など、フライト前に数10分はサーボを動かしているわけですから、燃えるならその時に症状が現れるはずと考えています。

そういう訳で、何かと気を使う,離螢檗椒譽ュレーターよりも、ずぼらでも大丈夫な△離螢侫Г鮖藩僂垢襪海箸砲靴泙靴拭
(あくまで私はですよ?!)



随分と話が長くなってしまいました。

そこで私は2セル(6.6V)のリフェを選んだのですが、このリフェのデザインが電動機の動力用のリポとよく似ています。よってリフェにはテプラで「RX」(受信機用)と表示しました。
今までのニッカド電池の容量が600〜1000mAhでしたから、このリフェですと2〜3倍の容量になります。



受信機用リフェを機体に搭載してみました。
ニッカド電池よりも多少長さは長いですが幅はスリムですから問題なく入ります。



次は主翼の配線処理です。

配線がバラバラ・・・。このまま飛ばしたらリード線が断線しそうです。
これが20年前の私のスキルです。
もう赤面状態・・・Coming out・・・穴があったら入りたいとはこのことです。



そこで、スパイラルチューブやシュリンクチューブを使ってリード線を整理します。また、サーボホーンやリンケージロッドの動作範囲からも逃がすようにしました。



次はエルロンのリード線を露出するために開けた主翼の穴をどうにかしないといけません。
しばし考えて・・・。
モーターのケースのプニョプニョしたスポンジ! あれを使うことにします。
早速カットします。



主翼に開けた大穴に合わせて丸くカットしたら、リード線を通す切り欠きも加えます。



こんな感じで穴に埋めておしまい!
「な〜んだぁ!」と思った読者のみな様、あなどることなかれ! これってパーツとして売っているんですね。
リード栓
ですって。私も知りませんでした。



ついでに、エルロン。フラップ、引き込み脚のコネクターをシュリンクチューブを使って色分けします。



受信機側の15cmの延長コードにも色分けをしておきました。
これで飛行場で機体を組み立てる時も配線ミスが無くなります。



次は燃料パイプの配管です。

ひどい・・・あまりにもヒドイ!
これが私の20年前の配管です。



とにかくシンプルに配管を整理しました。



スケール機なのにカウリングも付いていませんが、とにかくエンジンを回していませんからブレークインから始めなければなりません。

今では生産中止になった20年前の新品のエンジン。
ん? 
飛行場でRC仲間に聞かれたら、説明がややこしいです。

さて、来週は飛ばせるかなぁ?!
カレンダーと天気予報のにらめっこですね(笑)!



それではまた来週! (^o^)/~~



最新の日記はこちら

(過去の日記はこちら)

ページトップへ