カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

FSD FC28シリーズ用プロペラマウント /23A6C

FSD FC28シリーズ用プロペラマウント

FSD FC28シリーズ用プロペラマウント /23A6C

価格:

210円 (税込)

購入数:
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

FSD FC28シリーズ用のプロペラマウントです。
アウター部分へネジ止めするためコレットのようすっぽ抜ける心配がありません。またシャフトの長さが19mmありますので13mm程度の厚さのものまではさむことができます。
モーターのお尻に取り付けますのでモーターシャフトを反対側へ押し出して(フロントマウントスタイルに変更)から取り付けて下さい。
旧タイプのFC28シリーズの場合、プロペラマウントを固定するビス用のネジ穴部分にネジが切れていないため取り付けることができません。お手元のモーターをご確認の上、ご注文下さい。
プロペラ取付面に荒し加工されていないタイプです。


長さ: 25mm(シャフト部分19mm)
シャフト部分直径: 5mm









フロントマウントへ変更方法(写真のモーターはFC2835ですがFC2830でも方法は同じです)

1.シャフトを止めているイモネジをはずす。
2.シャフト抜け防止のEリングとその下にある小さいリングを外す。
3.モーターをアウター部分とステーター部分に分離する。(内部に小さいリングが入っていますので無くさないようご注意下さい)
4.シャフトの頭をペンチなどで少しづつ叩きながら反対側へ押し出す。(下の参考写真をご覧下さい)
5.シャフトが反対側へ完全に出たらアウター部分とステーター部分を合わせて元に戻す。
6.小さいリングを先にシャフトにはめ、Eリングをシャフトの根元にある溝にはめる。
7.最初に外したイモネジを取り付ける。

※フロントマウントへの変更についてシャフトを抜いて反対向きに入れ直す方法ではやらないで下さい。
※ステーターから外さずにシャフトを反対側へ叩き出すとステーター側のペアリングが奥にずれてアウターカンの端がこするようになってしまい回転を妨げてしまう場合があります。
こうなった場合はステーター側のベアリングを内側から押し出して元の位置まで戻して下さい。





ページトップへ