カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

「ナベさんの気ままなラジコン日記」(120)〜不思議な飛行体◆繊2012/02/17)

ナベさんのプロフィール

(過去の日記はこちら)


「ナベさんの気ままなラジコン日記」第120回の読者プレゼントのお知らせです!

平成24年2月29日(水)までに「ナベさんの気ままなラジコン日記」に対するご意見や励ましのお便りをいただいた皆様の中から、抽選で1名の方にL-39アルバトロスをプレゼントします。
楽しいお便りをお待ちしております!





さて、それでは例の無尾翼機パイオニア3の製作を始めます。



とりあえず送信機のモデルネームを入力しておきます。



製作を始める前に、取り付け済みの各サーボの動作確認をしておきましょう。
組み立ててから「サーボが動かない!」では情けないので動作確認をします。
この段階でサーボの異常が認められた場合、KKHOBBYでは原則サーボの交換をしてもらえます。



エルロン・エレベーターサーボも動作確認をしておきます。
私のところに届いたロットは、どのサーボも正常に動きました。



ラダーホーンです。
ロッドのピアノ線の太さに比べるとホーンの穴が大き過ぎます。
しかもヒンジラインに合っていないし。
ラダーの左右の舵に差動が出たら、送信機の方で調整を取ります。



ラダーリンケージにガタが出そうなので、ピアノ線にシュリンクチューブを入れてライターで熱します。
こうしてラダーホーンの穴に入れたら太さが合ってしっくりしました。



ラダーホーン側がうまく行ったら、今度はサーボホーン側の処理です。
ロッドの長さを決めたらペンで印をします。



Zベンダーを使って、印の位置でロッドを曲げます。



サーボホーンを一時はずしてからロッドを取り付けます。



ラダーサーボに受信機とバッテリーを繋いで動作確認をします。
予想どおりラダーの左右の動きに差動が出てしまいましたが、これは送信機で取りきれる程度のものでした。



いよいよ前部の胴体に後部の垂直尾翼を接着します。
接着剤はエポキシ系の物が一般的ですが、硬化後に黄色く変色するので、ボンド ウルトラ多用途SUを使用しました。



胴体を接着します。
SUの威力はすごく、胴体を差し込んでいく間にも接着剤が硬化していくのが判ります。



付属のキャノピーはクリアなので発泡の白色が目立ち過ぎます。
そこでキャノピーを塗装することにします。キャノピーはコクピットの発泡からていねいに剥がします。



キャノピーに塗る塗料の食い付きを良くするために、アルコールをティッシュに含ませてキャノピーの内側に付いた油脂を拭き取ります。



本当はスモークを塗りたかったのですが、あいにくスモークの塗料が無かったので、キャノピーの内側から黒をスプレーします。
黒をベッタリ塗るのではなく、軽く吹くだけに留めればスモークの感じが出ます。
キャノピーはマスキングテープで新聞紙に仮止めしてあります。
そうしないとスプレーの圧力や風でキャノピーが吹き飛んでしまうからです。



塗料が乾いたらキャノピーを接着します。
この部分の接着も黄変しないSUを使いました。
接着剤は、はみ出さないように薄く塗っても十分接着力はあります。



キャノピーが左右にズレないように注意して乾かします。
写真には写っていませんが、接着剤が硬化するまでの間、キャノピーの上にリポを乗せて重石にしていました。



乾いたキャノピーを胴体に取り付けてイメージを見てみました。

う〜ん なんちゃってスモーク塗装ですね!^^;




第130回、第140回・・・と、10回ごとになべさんのラジコン日記にご意見や励ましのお便りを頂いた方の中から抽選で1名の方にプレゼントを差し上げます。
ご意見や励ましのお便りは、この下記の文章をクリックしていただくと入力できます。メールアドレスの記入をお忘れのないようお願いします。

ご感想送信フォームはこちらをクリックして下さい。




最新の日記はこちら

ページトップへ