カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

「ナベさんの気ままなラジコン日記」(121)〜不思議な飛行体〜(2012/02/24)

ナベさんのプロフィール

(過去の日記はこちら)


最初にお便りの紹介をします!

***********************************
こんにちわ(^-^)ナベさん
−20度の中で冬眠中のぼちぼち飛行隊です。
いや〜このパイオニア?VのRC機が出るとはちょっとびっくりです!
実機の写真をみて気になっていたグライダーでした。
無尾翼好きにはたまらんフォルムです!
大きさもちょうど良い!調整がとれるとよく飛ぶと思います。
フライトインプレッション期待していますよ(=^_^=)

て言うか?これはもう買うしかないしょ・・・; ^へ^ ;
***********************************
お便りありがとうございます!
私の場合、無尾翼機と全翼機の区別が今一あいまいなのですが(笑)
このパイオニア靴辰銅存概,任垢韻鼻△舛磴鵑伴袖,あるんですね!
オドロキです。

まぁ、早く飛ばしてみて良く飛ぶといいですね!
と、他人事みたいなこと言っていますが、責任重大です。

それでは今週も無尾翼機パイオニア3の製作が続きます。

さっさと作ってしまっても良いのですが、せっかくですから細部にこだわってみたいと思います。



このキット、メインギアが立派な割には尾ソリがお粗末だったので、一度切り離してから塗装してみます。
とりあえずカッターを入れて、尾ソリを切り離してみます。



尾ソリを切り離して見ました。
外に露出する部分は400番くらいのサンドペーパーを使ってていねいに磨きます。接着剤の残っている部分は気にしなくて良いです。



ベニヤの目止めと下地処理のため、サフェーサーを吹きます。
サフェーサーは一度に塗らず薄めに吹いて、乾いたら吹き、乾いたら吹きを繰り返します。



サフェーサーが乾いたら、800番くらいのサンドペーパーで表面を平らに慣らします。
サンドペーパーはすぐに目詰まりしますので、小さく切って小まめに代えます。



下地処理が済んだら、今度は色塗装です。
真冬の極寒の中ではスプレー缶の圧力が足りず、塗料がボテボテです。
乾いたら800番くらいのサンドペーパーで表面を平らに慣らして、今度は缶スプレーを暖めてから吹き直します。



ほぼ満足いく塗装仕上げとなったので、胴体に取り付けます。
接着剤SUを胴体の溝側に塗ります。
尾ソリ側に塗ると、接着剤が表面にはみ出します。



尾ソリが胴体に付きました。
メインギアとの相性も良いし、胴体のカラーとマッチしています。



次にキャノピーの淵が気に入らないので、白いトリムを入れようと思います。
とりあえず白いビニールテープを直線状になるように、カッティングマットの上に貼ります。



ビニールテープを適当な幅にカットします。



後はキャノピーの淵に合わせて貼っていきます。
ビニールテープなので、多少の曲線はテープを引っ張りながら貼っていきます。



キャノピーに白いトリムを入れてみました。
こんな感じになりましたが、いかがなもんでしょう?



次にエレベーターのリンケージをします。
エレベーターサーボに通電して、サーボのニュートラルの位置を確認してからリンケージを進めます。
キット付属のロッドストッパーが曲者で、ねじ山が最後まで切ってあります。
このまま使うといくらでもナットが締まって、しまいにはリンケージが渋くなってしまいます。
そこで、とりあえずダブルナットにして当面は凌ぐことにします。



ナットが緩まないようにロックタイトを塗っておきます。



エルロンリンケージの方もエレベーターと同様にダブルナットで処理しました。



エルロンとエレベーターのサーボカバーです。
主翼に固定するために、接着面に両面テープを貼ります。



サーボカバーを取り付けます。
これでひと通りの工作は終了しましたが、初飛行までにまだまだやることがあります。

来週は受信機やリポを積んで配線をして、重心位置と各舵の舵角を調整します。

それではまた!




第130回、第140回・・・と、10回ごとになべさんのラジコン日記にご意見や励ましのお便りを頂いた方の中から抽選で1名の方にプレゼントを差し上げます。
ご意見や励ましのお便りは、この下記の文章をクリックしていただくと入力できます。メールアドレスの記入をお忘れのないようお願いします。

ご感想送信フォームはこちらをクリックして下さい。




最新の日記はこちら

ページトップへ